眞栄田郷敦はサックスの達人!話題の神ウインクとは?ギター動画も紹介! 

この記事は3分で読めます

国宝級のイケメンとして若手俳優注目度ナンバー1の眞栄田郷敦さん!

彼は顔がカッコよくてスタイルが良いだけでなく、サックス&空手の実力が凄いんです!

また、役者として活躍中ですがバラエティーに出演した際に見せる笑顔も最高に素敵。

ということで今回は眞栄田郷敦さんのサックスや空手の実力について&バラエティ番組で魅せた神ウインクについて紹介します。

最後に映画【小さな恋のうたの】の撮影時に結成したバンドのMVも掲載しています。

眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

身長 183cm

生年月日 2000年1月9日

出身地 ロサンゼルス

特技 サックス ギター 空手 バスケットボール

父は千葉真一、兄は新田真剣佑というイケメンサラブレットとして大注目され芸能界デビューした眞栄田郷敦さん。

この眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)本名って知ってましたか?

父の千葉真一さんが海外で脚本を書くときに使っていたペンネーム「Gordon」から郷敦と名付けたそうです。

本名の名字の表記は前田なのですが、芸名では父親真一の真の字を入れ眞栄田と表記してます。

眞栄田郷敦さんは名前や顔立ちからハーフと勘違いされがちですが、両親は日本人なのでハーフではありません。

純日本人でこれだけのイケメンがいるんですね。

幼少期はアメリカで育ったので英語も完璧に話せるそうです。

眞栄田郷敦は空手とサックスの達人!


眞栄田郷敦さんは5歳からアメリカで極真空手をやっていました。

極真道場の日本代表をしていた父の千葉真一さんの厳しい指導を受けて、毎日空手に打ち込んでいたとのこと。

その甲斐があり、なんとなんと郷敦さん極真の全米大会で準優勝という偉業を成し遂げました。

その後、日本に移住し中学で吹奏楽部に入部した郷敦さんはサックスを演奏する楽しさに魅了されました。

高校は吹奏楽の名門である岡山県の明誠学院高等学校へ進学!

休みの日はなんと1日12時間もサックスを練習していたとのこと。

3年の時には吹奏楽部の部長を務め、『全日本吹奏楽部コンクール』に出場し銅賞を受賞!

その時の模様はテレビでもとりあげられていました。

名門の吹奏楽部を部長として率いて、全国大会に出場し3位になるなんて本当にすごいですね。

イケメンでスタイルが良くて空手ができて楽器ができて英語がペラペラ‥。

なんて凄いスペックなんだ!

眞栄田郷敦が魅せた話題の神ウインクとは?

現在映画やドラマで活躍している郷敦さん。

役者として注目されていますが、映画の告知で出演するバラエティー番組で魅せる笑顔がとっても素敵なんです。

しゃべくり007に出場した際もプロのお笑い芸人さんたちを相手に堂々と渡り合っていました。

特技の空手を活かして原田泰三さんに得意技のローキックをお見舞い(笑)

女が女に怒る夜【令和元年愚痴納めSP】に出演した際には年上女性に囲まれて終始苦笑いしていた郷敦さん。

MCのクリームシチュー上田さんから苦手な女性は?という質問を受け

「ぶりっ子をする女性は得意ではない」と答えたことで出演していた田中みな実との全面対決勃発!

田中みな実のぶりっ子攻撃を受けて思わず「かわいいっす」と失言してしまい、女性ゲストからブーイングを浴びる場面も(笑)

その後、田中みな実からウインク攻撃を受けた郷敦さんがアドリブで披露したウインク返しがキュート過ぎて話題になりました!

動画はこちら

眞栄田郷敦 まえだごうどん ウィンク
#038;modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=1&https://youtu_be/0_jBrTsWStw&autoplay=0" width="480" height="270">

バラエティー番組で魅せる素の表情もとっても素敵ですね。

眞栄田郷敦のギターMV動画を紹介!【小さな恋のうたバンド】

映画【小さな恋のうた】ではバンドに青春を捧げる高校生役を演じた眞栄田郷敦さん。

この映画の凄いところは楽器を実際に演奏しているという点!

なんと撮影開始の半年も前から楽器の練習に打ち込んだそうです。

ここでも郷敦さんは持ち前の音楽センスと努力を惜しまないストイックさを発揮し、見事なギター演奏を披露しています。

ギターだけでなく、郷敦さんの歌やコーラスも素敵ですよ。

【小さな恋のうたバンド】のミュージックビデオがこちら

小さな恋のうたバンド MV「あなたに」
#038;modestbranding=1&rel=0&autohide=1&playsinline=1&https://youtu_be/BdDtnIZ_cyc&autoplay=0" width="480" height="270">

芸能界に入る際に郷敦さんは父の千葉真一さんから

「俺のことも真剣佑のことも超える覚悟でやれ!」

と言われたそうです。

この時に郷敦さんは決意を胸に秘めて静かになずいたそうです。

雑誌の取材で得意なことは?

という質問に対して

「努力することが好き」

と答えた郷敦さん。

今は時間があれば仕事にかかるスキルアップをしたいとのこと。

その言葉通り、テレビドラマ【ノーサイドゲーム】でラガーマンの役を演じるために食事を1日6食にして20キロ増量したそうです。

吹奏楽で培ったストイックさが大きな財産となっているのでしょう。

これは兄の真剣佑さんも父の千葉真一さんも超え、大器に晩成する可能性を感じますね。

これからの活躍がますます楽しみです。

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 坂口健太郎 韓国 塩顔
  2. 勝地涼 前田敦子 結婚
  3. 坂口健太郎 高畑充希 結婚
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


aonaoブログ

 

大阪在住のアウトドア大好きサラリーマンです。
趣味は旅行や登山、サーフィンですが子供が産まれてからは地元の公園でおとなしく遊んでいます。

趣味の旅行や地元情報をブログで書いてますので皆さん見てやってください。

重要事項やお問い合わせについて