自宅での地震対策4つのポイント!各家庭で実践し地震に備えよう!

この記事は3分で読めます

世界有数の地震大国日本!

各地での地震被害のニュースが報道されるのを見ると

「地震ってこわいな!」と思いますよね!

では皆さん自宅で地震対策をされていますか?

自治体は公共施設の防災対策はしても、各家庭の防災対策はしてくれません。

ということは・・・

「自分の命は自分で守らなければなりません」

また、小さな子供がいる家庭では

「子供の命も親が守らなければなりません」

そこで!今回は家庭でできる防災対策4つのポイントを紹介します!

目次

自宅での地震対策ポイント1 家具の転倒防止と配置替え

自宅での地震対策ポイント2 ガラスの飛散防止をする

自宅での地震対策ポイント3 防災リュックや防災備品を準備しよう

自宅での地震対策ポイント4 被災後の行動について家族間で取り決めをしておく



1日あればできますので、すぐに実践してください。


自宅での地震対策ポイント1 家具の転倒防止と配置替え

家庭 地震対策
近年の大震災では、多くの人が家具の転倒により死傷しています。

寝ている時に地震が発生し、気付けば家具の下敷きに・・・。

なんてことにならないように特に寝室の家具は転倒防止対策が必要です。

また、倒れた家具で扉がふさがれば避難出来ないので、扉付近の家具も固定すべきですね。

小さな子供がいる家では液晶テレビやスピーカーなども頭上に落下すれば凶器になりますので、小型の家具においても転倒防止対策を実施すべきです!

家具の転倒防止方法として突っ張り棒や耐震マットなどもありますが、激しい揺れに耐えるためにはやはりL字金具での固定が安心です。
自宅 地震対策

ホームセンターに行けば売っています。
壁をコンコンと叩いて音が高い所(後ろに柱があるところ)にがっちり固定してください。


続いて家具の配置替えを実施してください!

家庭 地震対策

 

自宅での地震対策ポイント2 ガラスの飛散防止をする

地震が起きた場合、割れた窓ガラスは凶器になりとても危険です。

また、地面に飛散してしまうと非難の障害にもなります。

そこで、窓ガラスには飛散防止用のガラスフィルムを貼っておきましょう!

自宅 地震対策

ホームセンターなどに売っており特別な道具も必要ないので手軽に行えます。

窓だけでなく、食器戸棚などのガラスを使っている家具にも貼っておきましょう。

さらに、戸棚の中の食器が飛び出さないように耐震ラッチを取り付けよう!
地震対策 家

ドライバー1本で取り付け可能です!色んな種類のものが販売されています。
家 地震対策
耐震ラッチは地震の揺れを検知して扉にロックをかける仕組みになっています。

戸棚に設置しておけば、地震発生時に中の食器や鍋が飛び出さないので安全です。


自宅での地震対策ポイント3 防災リュックや防災備品を準備しよう

防災リュックの準備

今晩就寝後に地震が発生し、急いで身ひとつで家の外に飛び出したとします!

家は崩壊の危険があるため立入禁止となれば・・・

けっこう困りますよね!!!

そこで、被災後に困らないために必要な物をリュックにひとまとめにして準備しておきましょう!

まずはあなたにとっての必需品(眼鏡や持病の薬など)を入れよう!!

続いて一時避難用防災グッズとして下記のものを入れておきましょう!

・カッパ・軍手・ホイッスル・タオル・ペットボトルの水・非常食・マスク・ヘッドライト・トイレットペーパー・ウエットティッシュ・現金・乾電池・レジ袋・消毒液・バンドエイド・防寒用品・水を汲む容器

大体必要な物は100円均一に売られていますね。

逃げ遅れないためにも重たいものを入れすぎないように注意しましょう!

上記のものをリュックにひとまとめにして被災した際にすぐ持ち出せるように玄関付近に置いておきましょう!

最近は防災セットとして一通り揃った便利なものも売られていますよ!

次に屋外に物置がある人や屋外の駐車場に車を停めている方は中に下記の防災備品を入れておきましょう!

・バケツ・断熱マット・寝袋・テント・ガスボンベ・ガスコンロ・鍋・非常食・水・ランタン・乾電池・ラジオ・スマホ充電器・簡易トイレ


自宅での地震対策ポイント4 被災後の行動について家族間で取り決めをしておく

昼間に地震が発生した場合は

父→職場
母→自宅
子供→学校

など家族バラバラで被災することになりますよね。

家族の安否がわからず右往左往しないように

「被災後は〇〇小学校に集合!」

というように家族の集合場所を決めておきます!

自治体が指定している地域の避難場所を家族の集合場所にすればよいかと思います。

また、地震発生後携帯電話は繋がらないが、ラインなどのアプリでの通話は繋がりやすいので、スマホがあるならLINEでの連絡が有効です!

家族間での取り決め例

1 地震発生後はまず自身の安全を確保

2 ラインアプリで安否確認

3 〇〇小学校に集合

まとめ

今回紹介した防災対策は各家庭ですぐに実践できるものばかりです!

特に家具の転倒防止は家族の命を守るためにも今すぐ実施してください!

防災備品は100円ショップやホームセンターで全て揃いますのでいざという時のために日頃からしっかり準備しておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

aonaoブログ

槍ヶ岳

大阪在住のアウトドア大好きサラリーマンです。
趣味は旅行や登山、サーフィンですが子供が産まれてからは地元の公園でおとなしく遊んでいます。

趣味の旅行や地元情報をブログで書いてますので皆さん見てやってください。

重要事項やお問い合わせについて