ケルヒャー高圧洗浄機でベランダ掃除!小型家庭用と業務用の比較についても!

この記事は2分で読めます

「ベランダ掃除って面倒くさい」

と言うことで、ベランダを掃除するために前から欲しかったケルヒャーの高圧洗浄機を購入しました!

今回は使ってみた感想や掃除中の動画、ベランダ掃除の3つ注意点を紹介します。

最後にケルヒャー高圧洗浄機の小型家庭用と業務用の比較についても紹介!

ケルヒャー 高圧洗浄機 ベランダ掃除

【ケルヒャー高圧洗浄機】ベランダ掃除レビュー

我が家ではベランダにプランターを置いて植物を育てていますので土や落ち葉などでベランダはけっこう汚れます。

普段はパネルのウッドデッキをひいているのですがどけてみると・・・

ケルヒャー 高圧洗浄機 ベランダ掃除

「けっこう汚い!!」

そこで大活躍したのが今回購入したケルヒャー高圧洗浄機!

掃除中の動画がこちら!

「気持ちいいー!」

デッキブラシで力を入れてゴシゴシこすらなくても簡単に汚れが落ちます。

これは楽ですね!

わずか5分程度であんなに汚れていたベランダが

ケルヒャー 高圧洗浄機 ベランダ掃除

「ピッカピカです」

【ケルヒャー高圧洗浄機】ベランダ掃除する際の3つの注意点とは

注意点1 高圧洗浄機を購入する前にコンセントと蛇口の位置を確認する。

ベランダで高圧洗浄機を使うためには近くにコンセントと水道の蛇口が必要です。

コンセントは延長コードでなんとかなりますが、近くに蛇口がない場合は最寄の蛇口から水道ホースを引っ張らなくてはならないので大変です!


注意点2 水圧で防水層を傷めないよう注意する

高圧洗浄機はかなりの水圧で水を噴射しますので防水層を傷める恐れがあるため、ノズルで水圧を調整してから使用してください。

特に古くなったベランダでは注意が必要!

使用前にベランダの防水にひび割れがないことを確認してください。


注意点3 排水管がつまらないよう注意する

高圧洗浄機を使ってゴミを一度に大量に掃除するとベランダの排水パイプがつまります。

排水口の手前にフィルターを設けてゴミが排水管に流入しないようにしてください。

ゴミが多いときは事前にほうきを使っての掃除が必要。

一度つまると水道業者を呼ばないと治らない上、最悪の場合は排水管の交換工事が必要になることもありますので注意してください。

【ケルヒャー高圧洗浄機】小型家庭用と業務用の比較

私は仕事でビルの管理をしていますので、業務用のケルヒャー高圧洗浄機をよく使います。

そこで小型家庭用と業務用を比較し、それぞれのメリットデメリットについて紹介します。

業務用ケルヒャー

ケルヒャー 家庭用 比較

メリット
水圧が強い

デメリット
重たくて大きいので移動が大変。

形が縦に長いので階段の登り降りがとくに大変。

価格が高い。

収納するときにかさばる。

家庭用小型ケルヒャー

ケルヒャー 比較

メリット
軽量コンパクトで持ち運びがらく。

価格が安い

収納する際も場所をとらない。

デメリット
水圧が業務用と比較すると弱い

あくまで私個人の見解ですが、小型家庭用が業務用に劣る点は水圧の弱さのみです。

しかし、小型家庭用とは言え高圧洗浄機の水圧をあなどってはいけません。

手についた泥を落とそうと高圧洗浄機をうっかり手に噴射してしまった際には

「指がちぎれるかと思うぐらい痛かった」

かなり水圧強いですよ!

車を洗ったり、ベランダ掃除したり、網戸や窓を洗う分には十分すぎるぐらい。

結論

家庭で使う分には小型家庭用のケルヒャーが最適!


ちなみに私が家で使っている高圧洗浄機はケルヒャーのジャパネットモデルです。

私がケルヒャー高圧洗浄機のジャパネットモデルを選んだ2つの理由とは?
【高圧洗浄機】小型家庭用はジャパネットのケルヒャーがおすすめ!



業務用のケルヒャーは水圧威圧が強すぎて掃除するものを破損してしまう恐れもあります。

ということで今回は小型家庭用のケルヒャー高圧洗浄機を紹介しました。

購入を考えている方は参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高圧洗浄機 おすすめ 小型家庭用
  2. プロジェクター テレビを見る
  3. ロボット掃除機 おすすめ 安い
  4. スポンジ おすすめ
  5. 髭剃り自動洗浄器
  6. 手荒れ ハンドクリーム
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

aonaoブログ

槍ヶ岳

大阪在住のアウトドア大好きサラリーマンです。
趣味は旅行や登山、サーフィンですが子供が産まれてからは地元の公園でおとなしく遊んでいます。

趣味の旅行や地元情報をブログで書いてますので皆さん見てやってください。

重要事項やお問い合わせについて