レーシック手術はおすすめ?金額やデメリットは?視力回復~低下まで術後10年の体験談!

この記事は4分で読めます

目の良い人って羨ましいですよね。

私は学生時代から目が悪かったので、ずっと眼鏡やコンタクトをつけていました。

でも、眼鏡は曇るし、コンタクトはめんどくさいし高い・・・

と言うことで10年前に思い切ってレーシック手術を受けて視力を回復しました!

今回は手術後10年たちましたので、その後の経過やレーシック手術の感想などの体験談をまとめてみました。

レーシックに興味がある方は参考にしてみてください。

レーシック手術 デメリット 金額

レーシック手術体験談!金額は?手術の感想は?

私は2009年の3月に神奈川クリニック(現:神戸神奈川アイクリニック)でレーシック手術を受けました。

受けた術式は「コンチェルトスーパーイントラLASIK」

金額は22万円でした。

手術前の視力は

右0.05 左0.06

のび太君状態の超近眼で眼鏡なしでは生活できませんでした。

手術後は

右1.2 左1.0

眼鏡なしでもバッチリ見えてとても快適!

レーシックでクリニックを訪れた回数はわずか6回です。

1回目 事前相談、検査 
レーシックができるかどうか検査にて判定してもらいます。

2回目 手術前検査
手術をする2週間前に再度精密検査をしました。
時間は30分程度で普通の眼科の診察のようなものです。

3回目 手術
手術当日。

4回目 翌日検査
手術翌日に検査をして経過を観察します。

5回目 一週間検査
手術一週間後に検査をして経過を観察します。

6回目 一か月検査
手術一か月後に検査をして経過を観察します。
ここで特に問題なければ通院は終了。

とても簡単ですね。

それではみなさんが一番気になるであろう手術当日の様子を詳しくお伝えします。

目の手術と聞くと怖いイメージがあると思いますが実際は10分程度で終了します。

まず麻酔の目薬をして、ベットで横になります。

目を閉じないように器具でまぶたを固定します。

目をあけたまま緑の光をみつめてください言われ指示どおりにレーザーの光を見つめます。

まったく痛くはないですが、目をグリグリと触られているような感触がありますので動揺はしました。

正確に手術をするためにレーザーの光から目をそらさないように緑の光をしっかり見つめ続けます。

パニックを起こしたりすると怖いですね。

事前に伝えられるのですが、手術後すぐは目を開けてもまったく見えません。

事前に知らされていても目をあけても真っ暗で何も見えないというのはやはり怖い。

しばらくすると少しづく視界が明るくなってきて、ぼんやりですが見えるようになります。

手術当日は視力が安定しないので車の運転などはできません。

不安なら帰りに誰か付き添いの人をお願いすれば良いですが、私は電車に乗って一人で帰宅しました。

術後2日ぐらいは涙がでたり、目が痛かったりしました。

痛いときには痛み止めの目薬もあるのですが、やはり目大丈夫なのかな?と不安になりました。

手術後~3日ぐらいは光が眩しく感じたり、目の痛みを感じたりしますがそれ以降はおちついてきて1週間もたたないうちに症状は治まり、しっかり見えるようになりました。

社会人で手術を検討されている方は3日以上は仕事を休めるときに手術をすることをおすすめします。

レーシック手術体験談!デメリットは?術後10年視力回復~低下まで

レーシック手術 デメリット 金額
術後10年たった現在の視力はというと

右0.7 左0.7

手術後5年ぐらいはずっと1.0はあったと思いますが6年後ぐらいから少しずつ悪くなってきて現在は両眼0.7程度で落ち着きました。

クリニックに相談した結果、さらに近視が進んだとのことです。

日常生活や車の運転は裸眼で問題ないのですが、私は1.0しっかり見たいので今は眼鏡をかけています。

神戸神奈川アイクリニックでは10年保証がついているので無料での再手術も可能でしたが私は以下の理由により再手術をやめました。

・年齢的にもうすぐ40歳なので、老眼(遠視)が出る可能性がある。

・私はもともと斜位といって目の焦点があいにくい傾向があるので、それがさらに強まるリスクがあるとのこと。

・現在は結婚し、子供も二人いるので余計なリスクを避けた。

私が感じる手術後のデメリットは正直あんまりありません。

視力が再び低下したのは残念ですが、裸眼で0.7はあるので、眼鏡も薄くて軽いのでかけていても疲れません。

手術後によく問題しされるドライアイなどの症状はありません。

ただひとつ、レーシック後に私が感じるデメリットとしては、極端に暗い場所ではかなり周囲が見えにくいと感じます。

例えば上映直前の暗くなった映画館では、誘導灯の光だけでは周囲が見にくいので怖いと感じます。

ただこれも、極端に暗い場所に限ってのことなので、日常生活で不便に感じることはほとんどありません。

夜の暗い道なのでも街灯が普通にあればまったく見にくいと感じません。

私は夜間に登山などもしますが、懐中電灯があれば問題ないです。

月明りで蛍などを探しに行くときなどに手術前より見にくいと感じる程度です。

レーシック手術体験談まとめ!

レーシック手術 デメリット 金額
私は当初は眼鏡やコンタクトを一生使わなくて裸眼で快適生活を送りたくてレーシックをしたので視力が再び低下したことは残念!

普段は眼鏡をかけており、バスケットボールやサーフィンをするときはコンタクトをしています。

しかし、手術前にさらに近視が進めば視力が再び低下するという説明を受けていたのでこれは仕方ありません。

また、今のところ私はレーシックによる合併症などの症状は何もでていないので、デメリットは感じません。

手術前は0.05というド近眼だったので眼鏡なしでは家の中でも生活できませんでしたが、現在は視力が下がっても0.7あるので運転もできるし、銭湯などに行ってもそこそこ見れるのでこれは便利ですよ。

また、眼鏡もレンズが薄いのであまり疲れないのは良いですね。

あくまで私個人の意見としては

「今のところレーシック手術をして良かった」

と思っています。

それでは「レーシックはおすすめなのか?」

と聞かれると私は

一概に「おすすめです」とは言えません。

この先長い人生まだまだ何があるかわかりません。

レーシックをした人が30年後、50年後にどうなるのかといった症例がないので、何らかのリスクが潜在している可能性は否定できません。

また、私はデメリットをほとんど感じていませんが、人によっては手術後にドライアイがひどくなって、目薬を手放せなくなってなど強い不快感を感じている人もいるみたいです。

この記事はあくまで私個人の感想であり、レーシック術後の経過には個人差があります。

病院側はこのようなリスクについても説明していますのでレーシックによるリスクにはどんなものがあり、どこまで許容できるのかを慎重に検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ダイエット 秘訣 成功
  2. 車検 費用 安い
  3. スクワット ダイエット方法 やり方
  4. 車検 費用 安い
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

aonaoブログ

槍ヶ岳

大阪在住のアウトドア大好きサラリーマンです。
趣味は旅行や登山、サーフィンですが子供が産まれてからは地元の公園でおとなしく遊んでいます。

趣味の旅行や地元情報をブログで書いてますので皆さん見てやってください。

重要事項やお問い合わせについて